パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Cupitron始動!

出ましたね。Cupitron
聴いてみた最初の印象。とても不思議な感覚です。これってテクノポップ?なのかな。でも面白いと思いますよ。
最初のライブにはいけませんでしたが、なかなか盛況だったみたいですね。

Perfumeを意識していないといったら嘘でしょう。
今はPerfumeにはとても及ばないけど、いつかPerfumeみたいに・・・を目指しているのでしょうか。
前にも書きましたが私は「パクリ」を否定的にとらえてはいません。それも戦略の一つでしょう。
今やビッグなアーティストであるPerfumeの力を借りてなんとか有名になるというのもありなのではないでしょうか。まあ、いろいろと叩く人はいるので、逆風にもなりうるかもしれませんが。
それにパクられるのはとても名誉なことだと思うのです、Perfumeにとって。だれも傷つく人はいないはずなのです。
ましてやPerfumeと正面から勝負しているわけでもないですし、まぁ、温かい目で見守っていけばいいと思うのですが。

本人たちにどれだけの覚悟があるのかわかりませんが、ぜひあきらめないで頑張ってほしいです。
今後の動きに注目して行きたいとおもいます。
スポンサーサイト
テクノポップ | コメント:2 | トラックバック:0 |

フォロワー現る

テクノポップアイドルといえばPerfumeですが。。。
いや、そう呼ばれていたのも、もうずいぶん前のことのような気がします。

なぜ、今ここでそんなことを言い出すのかといえば、

テクノポップアイドル Cupitron (キュピトロン)

の登場によるものです。

これです。


これです。
Cupitron

このグループは3人組で、衣装なんかはPerfumeの近未来3部作のころの雰囲気ですし、なにしろ髪型が、Perfumeの3人になんとなく似ているような・・・
明らかにPerfumeを意識しているとおもうのです。いわゆる「パクリ」?なのでしょうか??

「パクリ」というと一般にイメージが悪いですが、私はそれほど嫌なイメージは持っていないのです。そもそもパクられる、ということはそれだけ魅力がある、価値があるものだからではないでしょうか。

それに、テクノポップアイドルという立ち位置は、過去のPerfumeはそうだったかもしれませんが、もうすでにPerfumeのものでもないでしょう。Perfumeは確実に次の次元、次のステージへと進化してきているはずです。
そうなると、テクノポップアイドルという、空席をうめる存在が登場してくるのも、おかしな話ではないとおもいます。

まあ、それでも劣化コピーとか悪口を言う人はいるとは思いますが、ここはどんなものになっていくのか、見守っていきたいと思います。

あのPerfumeだって最初、登場したころは海のものとも山のものともつかない存在だったのではないでしょうか。その当時をリアルタイムで知っているわけではないのですので、何となく想像の部分はありますが。Perfumeがだんだんと大きくなって行く姿を途中からいっしょに見てきていて、それが感動を与えてくれたのも事実です。

Cupitronは今はまさに海のものとも山のものともつかない存在ですが、いつかPerfumeみたいな存在になったりしたら面白いなと思うのです。
そんな意味もあってあえてフォロワー(追随者)と言わせてもらいました。

さて気になるCupitronですが、今月6/25に配信デビュー、6/28(土)にデビューライブが行われるとのことです。そして9月には1stシングル発売。
この流れは何となくポリリズムのときのタイムスケジュールを思わせるのです。
しばらくは目が離せませんね。

あと、メンバーの見分け方はやはり衣装や髪型になるんでしょうか。

Yamakawa Nichika=のっちタイプ
Hamada Saika=かしゆかタイプ
Miyakawa Rina=あ〜ちゃんタイプ?

でしょうか。いやこの路線でずっと行くかどうかは分かりませんが。

あ、そういえば、まだ音源を効いてませんね。テクノポップということしかわかりません。
まぁPerfumeが好きになった自分なら、嫌いではないとは思うのですが。音源を効いて愕然とするか、そのままで終わるか。

「サマーカイジュウ」 6/25配信です。

まぁどっちに転んだとしても、こういう動き、テクノポップという言葉がPerfume以外からはもはや聞かれることはないとおもっていた自分としては嬉しいのです。

詳しくはこちらで

http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2014/05/29-12:20:00_b9441381b903f9999a1c18a4c3976c4d

またとりとめもない話になってしまいましたが、今日はこのへんで。
テクノポップ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。