パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子供の時に影響を受けたもの

いつも子供ネタですみません。
昨年12月に第2子が生まれ、育メン男子をやっており、更新がいつもこんな時間になってしまいます。
今日、上の子(3才)が「たーいてーのこーとはーむーずーかーしいー」って歌ってました。♪2回ぐらいしかPV見せていないのに、子供ってすごいと思います。「ねぇ」はもうだいたい歌えます。(すみません、親バカですね(^^; )

子供の時に経験したことというのは後の人生に大きな影響を与えるものだと思います。
自分のことを考えると、3才のころはほとんど記憶にありません。親からはビートルズを聴いていたと聞いておりますが。

私が大きく影響を受けたのは、小学校高学年のころでしょうか。そのころ耳にしたYMOの音楽が、私の人格形成、趣味に大きな影響を与えていると思います。

小さい頃ピアノをやっていましたが、やらされていた感があり、あまり好きではありませんでした。音楽といえば、小学校では吹奏楽をやっていました。
小学校6年のころ始めてYMOを聞いて(年がばれますね)、キーボードが主役になれるんだ、キーボードってカッコいいんだ、って思うようになり、よく音楽室のオルガンで、Rydeenや、Technopolisなどを弾いていました。
中学に入りまたピアノを習い始め、当時は本気で音楽の道に進もうと思っていました。高校に入っても音大受験のためのピアノの練習と作曲の勉強を続けていましたが、ふと我にかえり、音楽は大学に行かなくてもできる、っていうことに気づき結局は文系の普通の大学に進み、音楽はあくまで趣味として続けることになりました。

このブログのジャンルも一応テクノなので、今日は自分のテクノ好きのルーツ的なものを書いてみました。

Perfumeの3人はといえば、小学校のときSPEEDにあこがれ、SPEEDになるんだ、という強い意志でアクターズスクールに入って、現在があるわけですが、この3人は途中であきらめることなく夢を実現させ、私たちファンに感動と勇気を与えてくれ、あきらめずに続けることの大切さを教えてくれる存在なんだな、とあらためて感じました。
スポンサーサイト

その他 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<パソコンの引っ越し | ホーム | 年初にあたり>>

コメント

自分は中学の時でしたが、同じく大変衝撃を受けました。
中三の夏に『SOLID STATE SURVIVOR』を聴き過ぎて
勉強が手に付かず、受験校を1ランク下げました(笑)
YMOは小中学生にも人気がありましたね。
今はその世代の人たちが社会で中枢を担っているようです。
自分はJOH-Tさんのように音楽は出来ないのですが、
何かクリエイティブな職業に就きたいと思ったのは
YMOの影響がかなり大きいです。
(到底及びませんでしたが…orz)
2011-01-02 Sun 23:59 | URL | ロボトリア [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

音楽もそうなんですが、コンピューターで音楽をやるというのが当時は衝撃的で、高校時代ぐらいからコンピューターにもどっぷりはまりまして、現在の職業に至っています(笑)

結果的には音楽の道に進まなくて良かったと思っています。音楽で食べていくのは相当厳しかったでしょうから。理論や技術だけではどうにもならない世界ですので。どうも私にはセンスがないので、趣味にとどめておいて正解だったと思います。
2011-01-03 Mon 00:39 | URL | JOH-T [ 編集 ]
そーなんです!voiceは子供でも歌える曲なんです!・・・なので、「おこちゃま向けのCDジャケ写」があっても良かった、と思う。
pvは、曲のイメージにピッタリだったのになぁ~

(セクスィー路線は「買い辛い・保管し辛い」って人も居ますし)

何種類かのジャケ写を、着せ替え可能とか、出来ないかな~?

歌詞カードや蛇腹ブックレットが入るスペースが有るのなら~♪。ねぇ。
2011-01-03 Mon 03:56 | URL | 彩香(ストイックに「ハニャ禁」発令中) [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

Voiceはメロディーが歌いやすいスケール(音階)で書かれていますからね。その辺の理由なんでしょうね。子供でもすぐ覚えてもらえるのは。

> 何種類かのジャケ写を、着せ替え可能とか、出来ないかな~?
なるほど、良いアイディアですね。初回限定版の「脚」のジャケ写はちょっと・・・でしたね。
2011-01-03 Mon 08:25 | URL | JOH-T [ 編集 ]
 我家の長男はピアニストを目指していますが…なかなか現実は厳しいようです~
 YMOは私が18歳の時でした。当時の私はYESやKing Crimson、ピンクフロイドに傾倒していたので、「なんで騒ぐんだろう~」って感じで琴線に触れなかったです。 20歳の頃、レコード屋に勤めているときにYMOがブレイクしていて、増殖がものすごく売れたのを記憶しています。一応、YMOは全曲聴きましたが正直な話、テクノのどこが良いのか全くわからないうちに歳をとって…Perfumeでやられました。
という過去を思い出しました(笑)
2011-01-03 Mon 23:03 | URL | セラミックおじさん [ 編集 ]
いつもコメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>YMOは私が18歳の時でした。当時の私はYESやKing Crimson、ピンクフロイドに傾倒していたので、
なるほど。Perfumeファンの方の愛してきた音楽というのは多様だということが分かりますね。良質な音楽という点ではPerfumeの音楽もまた同じですよね。King Crimsonなどは私も聴いていました。
当時は好きなアーティストの新譜が発売になるっていうのがとても楽しみで待ち遠しいことだったと思います。Perfumeも同じような気持ちにさせてくれるアーティストだと思います。
2011-01-03 Mon 23:32 | URL | JOH-T [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。