パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本日1日は映画の日

ということで、今日は「コクリコ坂から」を見てきました。
この映画、いまいちという評判を聞いていましたが、現在、横浜に住んでいて、横浜に縁のある身として特別な思いで見ました。実際、私は横浜出身ではなく、横浜で幼少期をすごしたわけでもないのですが、ハマっ子のDNAを確かに受け継いでいるんです。

映画の舞台は1963年の横浜とのこと。私はまだ生まれていません。当時、祖父も父も横浜に暮らしており、とくに父はそのころ主人公たちと同年代で高校生でした。母も同じく高校生で、父とは同じ高校で知り合ったとのことです。なので他人事のような気がしませんでした。おそらく父も母もあのような高校生活を送っていたのかもしれないと思うと感慨深いものがありました。

映画にでてきた、桜木町駅、横浜税関、山下公園、マリンタワー、氷川丸、ホテルニューグランド、石川町のあたりの運河(現在はその上を首都高が通ってますが)、自動車、オート三輪、横浜市電、桜木町発の東海道線の電車(今で言う京浜東北線)、どれも実際に見てるわけではないのですが妙に懐かしく親近感の湧くものでした。
ヒロインの住んでいる下宿屋は、海の見える丘の上にありましたが、あれは本牧か根岸あたりなのでしょうか。
映画の中の風景はもちろん私はリアルタイムで見てはいませんが、私が物心ついた70年代はじめごろまではなんとなくあの面影が残っていました。
海が見えて、坂が多くて、市電が走ってて、横浜ってそんな町というイメージがありました。

さてストーリーのほうはというと、確かに地味かもしれませんがなんかいい話でしたね。(詳しくは紹介しませんが)
それにしても、ジブリ映画に出てくる女性キャラというのは、いつもながら本当に魅力的ですね。二次元コンプレックスと言われかねませんが、マジで惚れてしまうかも(照)
コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~
(2011/07/16)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<五日のいつか | ホーム | 避暑地から>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。