パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コンピューターシティ

またまたPerfumeの曲について思う事をつらつらと書いてみます。(あくまで主観的なものですが)

第二回目は近未来三部作と言われる曲の1つで、作詞/作曲ともに中田ヤスタカになって初めての曲、

コンピューターシティをえらびました。
この曲はテクノポップの王道ともいえるアレンジで、四つ打ちのリズムと八分音符のオクターブで動くベースが特徴的です。

曲の構成はこんな感じです。

曲の始まりはイントロはなくサビから始まるパターン。とは言え、後のサビとはちょっとアレンジが違います。(かーんぺきなー けーさんでー つーくられたー らーくえんでー~)
最初のサビほうのはベース、ドラムが入っていないパターンで、コード進行も若干違います。

続くサビ2(どうしてー ねぇーコンピューター~)ではリズムが少し変わります。この部分がメロディーの音が一番高くまであがる部分で、盛り上がる箇所です。ベースは逆に下行するコード進行(Ⅳ - Ⅲm7 - Ⅱm7/コードネームで言うとA - G#m7 - F#m7 - F#m7/B)で、カッコいいところです。ビンビンと響くシンセベースの音も気持ちの良いところです。

Aメロ(くもとくもとあいだをつきぬけて だれもみた ことの ないばしょへ~)は、ベースがオクターブの八分音符を刻みます。このへんが典型的なテクノポップといった感じです。メロディーはというとほぼワンノートで、どこか無機質な感じもします。

Bメロ(もうすぐー かわるよー せかいがー~)の部分も淡々としたメロディーですが、メジャーコードのあとにマイナーコード(Ⅳ - Ⅰ - Ⅳ - Ⅵm7/コードネームで言うと A - E - A - C#m7)が現れて明るいんだけど、切ない感じ、無常観みたいなものを演出しているような気がします。

このあともう一度サビ(かーんぺきなー けーさんでー つーくられたー らーくえんでー~)になる訳ですが、今度はベース、ドラムが入っているパターンです。
コード進行は(Ⅳ -Ⅴ7 - Ⅰ - Ⅳ - Ⅴ - Ⅵm7/コードネームではA - B7 - E - A - B - C#m7)で、定石とも言える力強いコード進行です。ただし、なぜかサブドミナント(Ⅳ)から始まっているところがちょっと変わっているところです。
これは起-承-転-結でいえば、起がなくいきなり承から始まっているみたいなものです。

また、サビのメロディーの歌いだし(かーんぺきなー けーさんでー)もベースから6度のことろからはじまっていて、音がとりにくく、不思議な響きがします。明るいんだか暗いんだかよくわからないような、そんなメロディーです。

そして、再びサビ2(どうしてー ねぇーコンピューター~)ですが、その後に続くCメロ(ぜったい こしょうだー~)のところがある意味この曲の一番の面白いところです。前半はベースが入らないのですが、後半の(ぼーくーがきみのことばでーなやむはずはないー)の所のベースの動きが特に面白いです。
あの武道館では本当に故障してしまったところですね。
ここのコード進行(Ⅳ - Ⅵm7 - Ⅱm7 - Ⅴ/コードネームで言うとA - C#m7 - F#m7 - B)はメジャーコードとマイナーコードが交互に繰り返されるもので、やはり明るいんだけどどこか切ない感じを出しています。

3人の声ですが、サビ、サビ2、Bメロ、Cメロの部分は3声/2声でハモっています。あとの箇所ユニゾンで歌っていますので、3人の歌い分けは出てこない曲です。

曲のテンポはBPM=132ぐらいだと思います。なので、結構早いテンポの曲です。このくらいのテンポの曲が続くと、正直ライブではつらいものがあります。年なもので(^^;)

この曲は2006年の曲なので、比較的古い曲に属しますが、ライブではエレクトロ・ワールドとともに常連の曲になっていますね。

どことなく刹那的なところが近未来3部作の世界観でもある訳ですが、タイトルのコンピューターシティというのが、テクノしていますね(安易な意見ですが:笑)KraftwerkにComputer Worldとか、Computer Loveとかってありますよね・・・

最近新しくファンになった方にも是非に聞いてもらいたい曲の一つです。



コンピューターシティコンピューターシティ
(2006/01/11)
Perfume

商品詳細を見る



Perfume~Complete Best~(DVD付)Perfume~Complete Best~(DVD付)
(2007/02/14)
Perfume

商品詳細を見る




スポンサーサイト
Perfume | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オンタマカーニバル2011(2)/ドームDVD | ホーム | オンタマカーニバル2011>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。