パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

韓国の芸能界

KARAのことが報道されてちょっと思ったことがありますので、今回はそれについてです。

基本、芸能ニュースというものには興味がありません。なんかドロドロした話は苦手です。
でも韓国には若干興味があります。
というよりかつて10年ぐらい前までは、結構韓国の音楽というのを聴いておりました。
当時は、今みたいに情報源がなかったので直接渡韓して、現地で情報収集し、CDを買い付けてくるなんてことをよくやっていました。
韓流ブームなんていわれだしてから最近にかけては、だんだん興味もうすれ、今では全く事情に疎くなりました。

それでもKARAは、なんだかPerfumeとも親しいみたいだし、有名になるまで苦労してきた点などもPerfumeと共通しているし(この部分についてはこちらの記事を参照しました)、それほど好きというわけでもないんだけど、まあ少しでも売れてくれればいいな、程度に意識しておりました。


で今回のことはどうやら芸能事務所との関係が発端らしいとのことですが、真相のほどはわかりません。

以前からよくいわれていたことなのですが、韓国の芸能事務所による芸能人の扱われ方はひどいものでした。これは今も変わっていないということなのでしょう。

ずうっと昔の話、韓国では芸能を行う人は身分の低い人で、差別されておりました。現代ではそんな身分制度はないわけですが、そのなごりなのか今でも芸能人に対して差別的な態度をとる人が韓国にはいます。(一方ではファンとして崇拝する人々もいるわけで、ややこしい国民性ですね)お金のためなら何でもする、そんな風に思われているわけです。

日韓両方でいろいろと勝手な憶測が飛び交っているようですが、日本で売れたのに待遇面での不満があったのでは、なんてことも言われています。本当はどうなのでしょうか。

韓国のサイトで検索して引っかかったのですが、メンバーの1人のお母さんがtwitterでつぶやいていることが紹介されていました。それによると、

お金のために子供の人生をギャンブルにする親はいない
子供があれだけ血の汗を流して築いた今の栄光をお金のために崩してしまう親はいない
今まで流してきた血の汗を後に残したままこのような状況を選択するしかなかったという現実
これからも越えなければならない山がある
分ってはいるけれど選択せざるを得なかった
あるがままの姿をお見せすることでしょう
うそに決して屈しない


家族、とくにお母さんのメンバーに対する思い、有名になるまでの苦労ということがなんとなく読み取れます。

また、KARAの韓国のファンのサイトでよく目にしたのが、

他のアイドルとは違う健康的で誠実なイメージ

とか

無名時代の苦労

とかいうキーワードでした。

これだけ見ていてもなんかPerfumeに通ずるものがあり、より親近感をもつようになりました。

なんかこんな子たちが、こういうごたごたで潰されていくのだとしたら悲しいですね。芸能界というのはどこの世界でもこのようにドロドロした社会なんですかね。

元気のない日本にくらべ、韓国はどんどん成長していく国なんだとは思いますが、成熟という点はまだまだですね。


今回の件に関連して思いだした韓国映画があるので紹介します。

1993年に韓国でヒットした映画で西便制(ソピョンジェ)です。
風の丘を越えて [DVD]風の丘を越えて [DVD]
(2001/11/22)
オー・ジョンヘ、キム・ギュチョル 他

商品詳細を見る

日本でも公開されていて邦題は「風の丘を越えて」です。NHK-BSでやっていたこともあったのでご存じの方もいると思いますが。

これは韓国の伝統芸能「パンソリ」(韓国の浪曲とでもいうべき存在だが、韓国版ラップともいえるかも)の話で、そのパンソリの歌い手が技を磨いていく壮絶なストーリーなのですが、その中で、主人公の女性がお金のためにやりたくない仕事をやらせられたり、被差別民として差別を受けたりといった場面が出てきます。
50年ぐらい昔の話なのですが、現代の韓国の芸能界も変わらないのかな、なんて思いますね。
KARAにもこの主人公のように苦難を乗り越えていって、活動を続けていってほしい、そんな風に思いました。


昨年末のミュージックステーションでお互いに好意を述べ合っていたKARAとPerfumeですが、両者には根底に相通じるものがあると思います。またそのようなご指摘もいただきました。今回はそのことについて。どちらも笑いの絶えないグループで、親しみを感じるキャラクターです。これについてはコメントでご指摘いただいたところです。しかし、ひとたび楽曲でステージに立つと、一転してカッコいい
KARAとPerfume その2

スポンサーサイト

ワールドミュージック | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<パーフェクトスター・パーフェクトスタイル | ホーム | 病み上がりに荒川>>

コメント

自分もこの件については心配ですね。
あまり詳しい事情が分からないので、なんともいえないのですが、とにかく不穏な現状の打破を望みます。

芸能界はやっぱり華がありますよね。
でもその裏を巡る空気が重々しいものだと業界として信用問題になる気がするんです。
かといってそういう会社もお金と権力があるわけで、音楽ファンとしては残念でなりませんね。
2011-01-20 Thu 23:13 | URL | Perfume好きなJ-POP世代 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>自分もこの件については心配ですね。
>あまり詳しい事情が分からないので、なんともいえないのですが、とにかく不穏な現状の打破を望みます。
そうですね。それを祈ることしかできないのですが。

>でもその裏を巡る空気が重々しいものだと業界として信用問題になる気がするんです。
>かといってそういう会社もお金と権力があるわけで、音楽ファンとしては残念でなりませんね。
確かに、そういう部分は日本も韓国もあると思うんです。ただ私が知り合いの多くの韓国人から聞いてきた感想では韓国は日本とは比べ物にならないほど芸能人の地位って低いんですよ。日本での韓流ブームの中、そういう面ってあまり語られないですよね。(誰も語りたくもないとは思いますが)その辺が気になるんですよね。
2011-01-20 Thu 23:45 | URL | JOH-T [ 編集 ]
はじめてお邪魔します。
記事を引用いただきありがとうございます。

私がよく分かっていなかった韓国の芸能人事情を
教えていただき、参考になりました。

私の方でもこのJOH-Tさんの記事を受けて、
今回の件に触れましたので、よろしければ
ご覧ください。

ところで、とても興味深いPerfumeへの入られ方を
していらっしゃるんですね。改めてPerfumeの
全方位の強力な磁力に驚かされます。
2011-01-21 Fri 01:42 | URL | ngo900jp [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

> はじめてお邪魔します。
> 記事を引用いただきありがとうございます。
こちらこそ、参照させていただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

> 私がよく分かっていなかった韓国の芸能人事情を
> 教えていただき、参考になりました。
韓国芸能界の構造的な問題や、日本より人権意識が低くパワハラなど当たり前の韓国社会の暗い部分が関係しているのではと思って書きました。

> 私の方でもこのJOH-Tさんの記事を受けて、
> 今回の件に触れましたので、よろしければ
> ご覧ください。
最新の記事、見させていただきました。ネットでは読んでいてうんざりするような憶測の情報が飛び交っていたので、なんか読んでいてすっきりしました。

> ところで、とても興味深いPerfumeへの入られ方を
> していらっしゃるんですね。改めてPerfumeの
> 全方位の強力な磁力に驚かされます。
日本に元気がなくなって、なんとなく国内のものに興味を失い、新奇なものに目がいっていただけです。
こんな時代にPerfumeは世界に誇れるMade in Japanだと思います。
2011-01-21 Fri 10:01 | URL | JOH-T [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。