パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フランス車

以前、フランス車が好きで乗っていた時期がありました。
今は家庭内事業仕分けで、維持費のかかる車は泣く泣く手放す事になりました。車がないと生活できない田舎に住んでいるので今は国産の軽に乗っています。パフュ関連予算の確保のためなら致し方ありません。

フランス車ってドイツ車ほどではないですが、結構、先進的なテクノロジーが使われていたり、デザインも優美で美しいし、内装もドイツ車のような高級感はないですが、何となくお洒落で居心地がよく、何よりも足回りが柔らかな感じで乗り心地が最高なんです。それでいてスポーティーで、遊び心にあふれていたりします。
そんなところがPerfumeにも似ているかな、とふと思いました。

そこで、例えてみたくなりました・・・

>ロボトリアさん、お題、お借りします。->こちらの記事のリスペクト(パクリともいう)記事です

「例えてPerfume - 往年のフランス車編」

かしゆか
シトロエンDS
CitroenDS

1955年のパリ・サロンでデビューして、一大センセーションを巻き起こした全く斬新な車。シトロエンのエリート技術集団による独創的挑戦の集大成。都会派のフランス人の支持を得てブームとなった。ひとつの工業製品としてみてもグッドデザインといえるスタイリングはモダーンで独創的であったが、さらに内部機関はエンジン以外のすべてを1系統の油圧制御でまかなうという常識破りのもので、内外装のデザインと特に乗り心地はあたかも宇宙船に乗っているようであったという。


あ~ちゃん
プジョー504
Peugeot504

タフで高品質なプジョーの名を世界に広め、傑作と言われた中産階級ファミリー向けの中型セダン。1968年にカーオブザイヤーを受賞している。イタリアのピニン・ファリーナのデザインによるボディは、尻下がりのテールデザインと現在のプジョーにも継承されている吊り目のヘッドライトが特徴的。室内空間は広く乗り心地に優れ、抜群の居住性を誇った。


のっち
ルノー5(サンク)
Renault5

ヨーロッパの新たなベーシック・トランスポートのスタンダードとして1972年にデビューした。登場後はフランス国内に限らずヨーロッパ全体で大ヒット作となり、ルノーがヨーロッパNo.1メーカーとなる原動力となった。テールゲートを持ちながら当時のフランスの実用車としては珍しくドアは2枚のみ。駆動はFWD方式を採用。実用的でかつスポーティなフランス車の代表的な存在。後ろ姿もシャープでチャーミング。


のっちが、オチにはなっていません。ただなんとなく、後ろ姿がおにぎりみたいだったので・・・


参考文献
Archive
別冊CG 自動車アーカイヴ Vol.2 60年代のイタリア/フランス車編
スポンサーサイト
その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ROCKETMAN | ホーム | カヴァーは時を超えて>>

コメント

この頃のフランス車のデザインはぶっとんでますね。
とくにシトロエン! もはやSFの世界ですね(笑)
都会的な感じがかしゆかですね。
あ~ちゃんはやはり大衆路線でしょうか。
フロントマスクが可愛らしいですね。

そして、のっち! ありがとうございます!
ルノー5憧れのクルマだったんですよ~。
幸宏さんも乗ってらしたという事もあるんですけど、
ディーラーでパンフまでもらってきました(笑)

スタイルがもうカッコイイはわ可愛いわで、
まさしくのっちですね!
2011-01-24 Mon 21:06 | URL | ロボトリア [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
分かってくれる人がいるかどうか不安だったんですけど。

>この頃のフランス車のデザインはぶっとんでますね。
>とくにシトロエン! もはやSFの世界ですね(笑)
DSは死ぬ前に一度乗ってみたい車です(笑)

>あ~ちゃんはやはり大衆路線でしょうか。
そうなんです。快適性の追求ということでプジョーにしました。

>そして、のっち! ありがとうございます!
>ルノー5憧れのクルマだったんですよ~。
>幸宏さんも乗ってらしたという事もあるんですけど、
>ディーラーでパンフまでもらってきました(笑)
おお、そうなんですか。私もあこがれでした。コンパクトなんだけどスポーティなところが好きでした。
当時は扱っているディーラーって少なかったですよね。

>スタイルがもうカッコイイはわ可愛いわで、
>まさしくのっちですね!
のっちはこれしかないと思いました(^^)
2011-01-24 Mon 21:19 | URL | JOH-T [ 編集 ]
乗ってみたい車ですね~

いや かしゆかだからってわけではありません(汗)
SFっぽいところと、フランス映画によく出てきたからです(ファントマとか…)


あ~ちゃんのプジョー 

パリダカラリーフリークだった私としては プジョーってラリーのイメージしかなかったのです
(私、車には詳しくないんです)


のっちのルノー5の写真

ビタミンドロップかと思っちゃいました(笑)
2011-01-24 Mon 22:18 | URL | セラミックおじさん [ 編集 ]
>乗ってみたい車ですね~
いいですよね。DSって。私の中ではかしゆかのイメージなんです(^^)なんかUFOみたいなふわふわした感じというか浮遊感漂っているところや、曲線美のデザインが。

>いや かしゆかだからってわけではありません(汗)
いえ、いいんですよ(笑)かしゆかですから。

>パリダカラリーフリークだった私としては プジョーってラリーのイメージしかなかったのです
パリダカでも善戦していましたが、私の中ではやっぱりファミリーカーのイメージなんですよね。プジョーって。ちなみに私が乗ってたのもプジョーでした(206ccです)

>のっちのルノー5の写真
>ビタミンドロップかと思っちゃいました(笑)
なるほど。そういえば3色ありますね。気がつきませんでした。
2011-01-24 Mon 23:15 | URL | JOH-T [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。