パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

自分の趣味で聞いている音楽についてのブログ。ジャンルはテクノを中心に。他にはワールドミュージック、クラシックなども時々あり。 当面はPerfumeが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Perfumeのマーケティング

Perfumeに今後、一番やってほしいと思うこと。それは質の良いライブを多くやってもらう事。これに尽きます。

ただこれを実現するためにはある程度の原資が必要です。ライブだけでは元をやっと取れるかどうかだと思います。
ライブを中心とした活動を続けていく。そのためには他にもいろいろと「売って」「稼ぐ」必要があるはずです。

新曲をどんどん出して、CDを売るということも考えられますが、CDがあまり売れなくなったと言われるこの時代、それほど期待はできないでしょう。
そもそもファンの数=母数を拡大していかないと、大きな売り上げにはつながってはいきません。ファンが増えてくれば、CD、ライブ、関連商品の物販などで、少しずつですが、稼いでいけるのではないでしょうか。

それではファンの数を増やすためには、どうすればよいかというと、やはり、メディアへの露出を増やしていくということになると思います。

マーケティングでは「選択」と「集中」とよく言われています。これは得意な領域を明確にし資本を集中的に投下する戦略のことです。
今はバブル時代のような拡大していく分野は少なくなっています。音楽ファンの嗜好、価値観も多様化していますので、やはり「選択」と「集中」がポイントになるのだと思います。

メディアへの露出を増やすためにただTVのバラエティだ、CMのタイアップだ、と何にでも出れば良いってものでもないと思います。Perfumeとしてのブランドイメージもありますし。間違ってもパチンコとか弁当のCMには出てほしくないですね。
TVも音楽番組を中心にし、知名度をさらにあげていくという戦略でいいと思います。バラエティ番組やドラマなども面白いとはおもいますし、多分私は喜んで見るでしょうけど、マーケティング戦略の観点から得意分野に集中するという意味では、本当はNGなんだと思います。

ただ、それだけでは今と変わりありませんし、今ひとつファンの拡大にはつながらないと思います。
そこで、この方のこの記事を思い出しました。->どう、凄いことが起こって欲しいのか? その5

そうです。映画です。
挿入曲のたくさん入った音楽映画なんてどうでしょうか。PVの拡大版みたいなものです。代々木Disco!Disco!Discoのときにやった「What is DISCO」みたいな小芝居をはさみながら音楽でつないでいくみたいなのでもいいですし、ちゃんとしたストーリーのあるミュージカル映画みたいなものでもいいと思うんです。あるいはPerfume物語~10年の軌跡とか。どうでしょうか。



話は変わりますが、東京ドームライブの写真集を見ながら、あのときの感動にひたっています。
東京ドームをやった意味をあらためて思うに、あれは本当にいいタイミングだったと思います。

Perfumeのメンバーには崖っぷちトラウマみたいなものがあるのでしょうか、つねに自分たちを売り込んでいこうという根性が感じられます。自分たちには活動を続ける/続けないの決定権がない、事務所のハラ一つで活動を中止させられるかもしれない(よもやそんなことはないとは思いますが)そんな風に感じていたのでしょうか。

東京ドームをやりたいと自分たちから言ったということは知られていますが、周囲のスタッフを動かしたという点からみても彼女たちは何という高いプレゼン能力なんでしょう、と思います。
そしてそれを実現してしまうすごさ。自分たちは5万人を動員できるんだということが示せただけでも大きな意味はあったと思います。
なにげに彼女たち自身のマーケティング能力は高いんじゃないでしょうか。特にあ~ちゃんは経済学部だし(関係ないかな)あ~ちゃんの営業力の高さはなかなかのもんだとおもった次第です。



今日の1缶:梅の花の下で
HyoketPC0206-1
スポンサーサイト

Perfume | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<待望のPerfume新アルバム! | ホーム | 前衛とポップ>>

コメント

単独ライブが見たいですねぇ。ツアーがベストなんでしょうが、その前にアルバムですよねぇ。
アーティストの映画と言うと、日本ではミスチルが以前にやってましたよね。ただ、映画も制作費の割には儲からないですからねぇヽ(´~`;)ファンとしては嬉しいですし、個人的にはそうなったら公私混同しちゃうかもしれません・・・。
2011-02-07 Mon 00:24 | URL | runrun1006 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>単独ライブが見たいですねぇ。ツアーがベストなんでしょうが、その前にアルバムですよねぇ。
そうですね。このへんは実現可能性は高いとは思っています(期待半分)

>アーティストの映画と言うと、日本ではミスチルが以前にやってましたよね。ただ、映画も制作費の割には儲からないですからねぇヽ(´~`;)ファンとしては嬉しいですし、個人的にはそうなったら公私混同しちゃうかもしれません・・・。
そうかぁ。映画は大ばくちになりますかね、やっぱり。
プロモーションのためには音楽を聴いてもらうだけではなく、歌って踊っているパフォーマンスを見てもらうことが一番だとおもうんですよね。そういう機会が少しでも多くなるといいですよね。
となると、やっぱり音楽番組への多数出演が一番現実的かな。
2011-02-07 Mon 01:16 | URL | JOH-T [ 編集 ]
良質のライブ、期待しています。
ただライブ単体では利益は殆ど出ないようなので、グッズやDVDなどを展開するしかないでしょうね~

CDが売れないのは最近始まったわけではないのですが、CDが売れない=アーティストの利益にならないというわけでは一概には言えないようです。
何処かの記事で読んだのですが、今は着メロ、着うたなどのコンテンツが大部分を占めているようです。
音楽の広まり方?が昔とは変わってきているんでしょうね。
ということなので、CDをいかに売るかというのはもう2次的なもので、いかに新しいコンテンツで広めていくのかという事が今後の鍵なんでしょうね。
私なんかがこんなことかかなくても上の人達は解ってると思いますが・・・(^^;
TeamPerfumeの事ですから、無茶な事はせず、じっくりと展開していって欲しいところです。


2011-02-07 Mon 01:35 | URL | おとわしゅな [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>良質のライブ、期待しています。
>ただライブ単体では利益は殆ど出ないようなので、グッズやDVDなどを展開するしかないでしょうね~
そうですね。ファンとしてはこのへんに少しでも貢献できればと思っています

>CDが売れないのは最近始まったわけではないのですが、CDが売れない=アーティストの利益にならないというわけでは一概には言えないようです。
>何処かの記事で読んだのですが、今は着メロ、着うたなどのコンテンツが大部分を占めているようです。
>音楽の広まり方?が昔とは変わってきているんでしょうね。
>ということなので、CDをいかに売るかというのはもう2次的なもので、いかに新しいコンテンツで広めていくのかという事が今後の鍵なんでしょうね。
なるほど。CD買うより気軽に買えてしまうってことなんですかね。私も着メロダウンロードしてしまいましたし・・・

>TeamPerfumeの事ですから、無茶な事はせず、じっくりと展開していって欲しいところです。
確かに、私のような素人が心配することではないのですが、ファンとしては気になるんですよね。TeamPerfumeを信じたいと思います。
2011-02-07 Mon 02:08 | URL | JOH-T [ 編集 ]
 外貨を稼ぐという選択肢もありなのでは。 いわゆるK-POPのアーチストが日本に向けて営業戦略をねってくるように、Perfumeはサウンドやパフォーマンスの特性から例えばヨーロッパをマーケットとして狙うとか。 ツアー(ライブ)や海外メディアへの露出で名を広めて、CDと同時にネットを使っての音楽&映像データのセールスを伸ばす形。二段構えで考えれば、海外で話題になるだけでも、ドメスティックマーケットを刺激する材料になるのでは。(←でも最初の経費が莫大?)  ☆映画といえば・・過去にトーキングヘッズのステージを映像化した「ストップメイキングセンス」というライブ映画の傑作がありましたが、Perfumeはあの方法論で音楽映画が作れる日本では数少ないアーチストのひとつかもしれません。
2011-02-07 Mon 02:49 | URL | RM-2 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>外貨を稼ぐという選択肢もありなのでは。 いわゆるK-POPのアーチストが日本に向けて営業戦略をねってくるように、Perfumeはサウンドやパフォーマンスの特性から例えばヨーロッパをマーケットとして狙うとか。 ツアー(ライブ)や海外メディアへの露出で名を広めて、CDと同時にネットを使っての音楽&映像データのセールスを伸ばす形。二段構えで考えれば、海外で話題になるだけでも、ドメスティックマーケットを刺激する材料になるのでは。(←でも最初の経費が莫大?)
おお、なるほど!それもありかも知れませんね。海外で売れて逆輸入ってパターンってYMOもそうだったような気がします。

>☆映画といえば・・過去にトーキングヘッズのステージを映像化した「ストップメイキングセンス」というライブ映画の傑作がありましたが、Perfumeはあの方法論で音楽映画が作れる日本では数少ないアーチストのひとつかもしれません。
やっぱり映画ってできたらすごいなって思います。Perfumeならできるんじゃないかって思っています。(半分妄想もはいっていますが)
2011-02-07 Mon 06:05 | URL | JOH-T [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。